函館本線に沿って
その2 (長万部〜倶知安)


 
 函館から「まりも」が到着。ここから前補機が連結され小樽築港まで重連で運転される。     1965.7.23


 
 長万部駅構内。D51貨物列車が発車。後方が函館。                         1965.7.23


 
機関区脇で入替中のC5744。                               1965.7.23       


 
 救援車スエ3058                1965.7.23


 
 長万部機関区で整備を終え下り「まりも」の到着を待つC622。
この年までは前照灯は一灯、デフレクタ―の点検孔や架線注意銘板がなかった。         1965.7.30


 
ニセコ補機運用のC6244.                  1969.3.15


 
 長万部に到着する釧路行き急行「ていね」。1965年10月改正で札幌行きとなり「まりも→ていね」と改称された。
前照灯は予備灯2灯を合わせ3灯となった。                                1968.3.27


 
 前補機C622を連結し重連となった。                                      1968.3.27


 
 補機連結作業中に本務機に給水する。給水ポートは寒冷地仕様。             1968.3.27


 
 冬場の姿。前部に雪を巻き込んだC622。新雪がないと煤で汚れた雪景色となる。1968年10月改正で「ニセコ」
(下り3号、上り1号)と改称され、編成が短くなった。                         1969.2.28 


 
 本務機は停車中に足回りの点検が入念に行われ、ストーカー付きであっても炭水車の石炭山の積み替えが行わ
ている。蒸機列車ならでの風景である。                          1969.2.28


 
 長万部に到着するD51147牽引普通列車。北海道では除煙板の前側340mm短小化が図られた。   1968.3.27


 
 長万部を発車したC622+C6230牽引「まりも」。                 1965.7.30


 
煙を残し倶知安へと急ぐ。  (二俣ー長万部)            1965.7.30 


 
 長万部を発車し草原の中を行くC6227;+C6232牽引「まりも」。 (二俣ー長万部)          1965.7.23


   国道5号線は長万部から小樽に向けて
山に入るが、二俣から蕨岱まで工事中
で左の写真の如きの悪路。
自転車にとっては最悪の状態であった。

同行のMS君撮影。     1965.7.23


 
 防雪林の苗木の中を長万部に向かうC622+C62牽引「ていね」。 (二俣ー長万部)         1968.3.27


 
下り列車と交換のため 二俣に停車。             1967.3.18


 
同上          1967.3.18 


 
前照灯消灯時の運転取扱基準規定改正のため、吊り掛け式予備灯が煙室扉番号板の上に設置された。
前照灯の向かって右にあった予備灯掛けは撤去された。合わせて電化に備え「架線注意」銘板が前照灯下に
設置された。後にシールドビームの予備灯が常設され、吊り掛け式は取り外された。


 
 雪の平原を往く「ていね」 (二俣ー蕨岱)                         1967.3.11


 
D51600牽引普通列車。(二俣ー蕨岱)       1967.7.29    


 
二俣を過ぎてしばらく平原を往く急行「ていね 」。  (二俣ー蕨岱)       1967.7.29


 
 長万部川の支流の鉄橋を渡る急行「ていね」 (二俣ー蕨岱)                1967.7.29


 
草原を快走中 (二俣ー蕨岱)                  1967.7.29                


 
 同上


 
 急行「宗谷」が鉄橋通過中。              1967.7.29


 
  夕刻の蕨岱駅に到着する普通列車。荷物車が5両連結されている。            1965.7.23


 
 蕨岱駅を発車するD51重連貨物列車。                   1966.8.4


 
 黒松内を発車した朝のD51562+C622普通列車。 (黒松内ー蕨岱)                1966.8.4


 
黒松内を発車した ローカルの普通列車を牽引するC11186。 (黒松内ー蕨岱)          1966.8.4


 
  黒松内に停車中の朝の通期列車。D51419+C62の重連。                   1965.7.24


 
 黒松内駅に停車中のC11牽引のローカル列車。                     1966.8.4


 
 黒松内駅構内で寿都鉄道8105が入替作業中。                1966.8.4


   
  C623がスハ32系 客車3両を牽引する普通列車。 黒松内                        1966.8.4


 
 黒松内を発車し熱郛に向かう普通列車。 (熱郛ー黒松内)                  1966.8.4


 
 前補機がD51138の急行「ていね」 (熱郛ー黒松内)                       1965.8.4


 
 上り勾配の築堤大カーブに入る。 (熱郛ー黒松内)  1968.8.31


 
 普通列車車窓より。 (上目名ー熱郛)        1966.8.4


 
 「ていね」車窓より。 (上目名ー熱郛)                         1968.3.7


 
 D51牽引普通列車が築堤大カーブを往く。 (上目名ー熱郛)                1967.3.3


 
 D51367牽引貨物列車。  (上目名ー熱郛)                1967.3.3


 
 C6230がスハ32系客車3両の軽負荷で勾配を往く。 (上目名ー熱郛)          1967.3.10


 
 上目名の嶮、 函館本線最大の難所でこの峠を登る時、機関車の姿は極限に達する。
夕暮れ迫るころ、かすかにブラスト音が聞こえてくる。やがて山の間に白煙がたつ。と、突然林の中から姿を現した。重連のブラスト音は
まるでヘリコプタのようで山々にこだまする。安全弁から蒸気を吹上げ、ドレン蒸気が客車にまとわりと付いた列車の姿はまさに蒸気列車だ。
                                                         (熱郛ー上目名)     1966.8.10


 
 C622+C623ゴールデンコンビで牽引の急行「ていね」。  (熱郛ー上目名)             1966.8.10


 
  同上地点での冬姿。C622+C62 急行「ていね」。  (熱郛ー上目名)             1967.3.16


 
 同上列車。 (熱郛ー上目名)                              1967.3.16


 
 (熱郛ー上目名)     1967.3.17


 
 キハ56系急行宗谷。 (熱郛ー上目名)                    1966.8.5


 
 同上地点で山中復から撮影。C623+C622牽引「ていね」。 (熱郛ー上目名)        1967.7.29


 
 上目名駅に停車中のD5170牽引普通列車。                     1966.8.4


 
 上り列車の交換を待つ下り普通列車。 上目名                  1966.8.10


   
豪雪の上目名駅              1967.3.10


 
 冬の上目名駅に到着の普通列車。乗降客はいない。                     1967.3.3


 
 クマザサ生い茂る山を往くD51562貨物列車。 (目名ー上目名)             1966.8.4


 
 D5127貨物列車。 (目名ー上目名)       1966.8.4


 
 目名から上目名の勾配に挑む急行「ていね」  (上目名―目名)           1966.8.4


 
 この日は珍しくD51が前補機。D51138+C62が黒煙をあげて11両編成の急行「ていね」を牽いていた。(上目名―目名)     1966.8.4


 
 C623+C6227牽引「ていね」が築堤を往く。  (上目名ー目名)                   1966.8.5


 
 築堤の雪の壁は2mぐらいか。 (目名―上目名)                      1967.3.3    


 
 C623+C62牽引急行「ていね」が白煙を上げて奮闘中。 (上目名−目名)            1967.3.3


 
上目名の山から 目名方面の眺望、列車が登ってくるのが見える。(目名ー上目名)    1968.3.28


 
11両の客車を牽引するC62重連が全力で勾配を登る。 (目名ー上目名)     1968.3.28 


 
 北海道雪国独特の屋根の昆布駅舎                     1967.3.3


 
 昆布駅中線に停車中のD51604牽引貨物列車。北海道にも架線注意銘板が付き始めた。     1967.3.3


 
 羊蹄山を横目に狩太駅を通過するキハ57急行「宗谷」 (狩太)       1967.3.17


 
 羊蹄山ふもとを往く急行「ていね」。 (狩太ー昆布)                         1967.3.17


 
 C6230+C62牽引急行「ていね」。 (狩太ー昆布)


 
 冬の快晴の羊蹄山をバックに函館に向かう急行「ていね」。 (狩太ー昆布)                 1967.3.17


 
 同地点を往くD51牽引貨物列車。 (狩太ー昆布)            1967.3.17


 
 川沿いを往くC622+C623牽引急行「ていね」  倶知安-比羅夫)
                             1967.3.16


 
 同上 (倶知安―比羅夫)                                1967.3.16


 
 倶知安に到着する長万部からの貨物列車。 (倶知安ー比羅夫)          1969.2.28


 
厳寒の倶知安駅に停車中のD5127重連の普通列車。          1969.2.28


 
厳寒のため車体や台車についた蒸気が氷って白くなっている。        1969.2.28


   
降雪の倶知安駅に到着した函館行き急行「ニセコ1号」。編成が短くなったが重連運転は続けられている。      1969.2.28


 
倶知安を発車。蒸気で後が見えない。                1969.2.28 


 
長万部に向かい倶知安を後にする。           1968.2.28 



TOPへ   函館本線(その1)     函館本線(その3)